​ふくしエピソード(11~20)

​N.M 東本町

​我が町内は、市の中心地に位置し、その一角には小さな公園があります

雑草が生い茂る公園を地域の人たちが、5/24 6時から頑張って遊び場として整備してくれました

邪魔になっている大きな木を伐採し、草を刈り、ベンチを置いて、

近くには小さな子どもたちがいます

使える遊具はないけど、思いっきり体を動かしてほしいと願って頑張りました

​子ども達の元気な声が大きな勇気を与えてくれます

​サブ 坂井

時間の合間に、畑、キュウリ・ネギ植栽に作物が答えて、

​とても良くできてうれしかった

​すみれ 坂井

​畑の草取り、いつもよりゆっくり、時々冬眠中の蛙が眠そうにビックリして、やわらやわら現れ、

”あーあ~ごめん”起こしてしまったネ

​気持ちがホッコリした1日でした

​S・N 坂井

​子ども、孫と毎日ライン交換 日課となった

ケメコ 坂井

​コロナが来ても、体が元気だと思うところへ行ける

ダムとか、部落の見たことのない所を巡るのが楽しい

家族に「車に気を付けてね」と言われるけど、特に気を付けます

​新聞のクイズを楽しんでいます

​こころん 坂井

ひまわりが大好きです

早くひまわりみたいな気持ちになりたいです

時々東京から子どもたちの声を聞くと本当に涙が出ます

1日も早く会いたい気持ちばかりで一杯です

最近は近所のお母さん達と話をするのが本当に楽しみです

​早く安心してお茶飲みしたいものです

​こころん 坂井

畑も楽しくやっています

​弁当作りも楽しいです

​ヒマワリ 坂井

ゲートボールに行くのが楽しみ

畑も楽しくやっています

​こころん 坂井

長兄が校長になり、孫が教員になり皆でお祝いしにぎやかな会になり楽しかった

​A・M 坂井

外孫達も毎日家にいるのが辛いらしくて、私たちの所によく訪ねて来てくれて嬉しかった

◎投稿の際、無記名の方につきましては、社協キャラクター「こころん」と表記しています